オ~イ!

ストレッチの仕上げの筋力アップ体操!
仰向けに寝転んだ姿勢から両足を真上に挙げて、ゆっくり水平まで下ろして行きます。

10秒毎に下げる角度を増して、
1分かけて水平まで、、壁掛け時計の秒針を睨んで?

                 DSC00046.jpg

オヤッ!

秒針の奴!!
12時のトコロで止まったまま??
これでは足が下せません。
途中で止めた足に、、腹筋が震えます。

暫く我慢して?
マダ動き出さないのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

諦めて、、

電池の消耗でしょうか?
買い置きの電池と交換して、、ストレッチの続きを始めます。

30秒、、40秒、、アア、、またです。
12時のトコロに止まる秒針!!
何度試しても12時が好きな様です。


壁から外して、
時計の裏側のムーブメント、
リセットボタンを押してみます。

                DSC00047.jpg


ハハ、、反抗期でしょうか?
グルグルと回った針が、今度は3本とも12時で止まりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電池を抜いて、
工具箱からドライバー取り出して、黒いムーブメントを外してみます。
表側の秒針!!

ドライバーの柄で軽く叩いて、、
軽くて繊細な部品ですから慎重に作業します。




ハイ!
あれこれ試しても12時で止まる秒針です。

しかし、時々には大急ぎで回り出したり?
” 寿命 ” と言えばソレまでですが10年以上も付き合った時計、
壁のココにはこの色が落ち着くのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


再びの諦めて、、

” 体操の続き ”
頭の中でカウントして、、いつもより少し短い?運動です。

「あれま!」

気が付けば回り出してる ” 秒針 ” 、
確かめれば、、ミンナで正しい時刻を刻んでいます。
???

暫くはこのままにソッとして、
もしもダメならムーブメントだけの交換作業致しましょう。

昨年からポツポツと続く家電の不調、まだまだ今年も終わりそうにないのです。

  アアッ!
スポンサーサイト



雨の前に、

 明日からは3日程続くと雨の予報です。


先日の蕾が膨らんでいた近所のハクモクレンです。
この数日で咲いた花を雨に打たれる前に見て置きたいと出かけました。

P1040208.jpg

予想を超えた ” 満開 ” に、驚いたのです。

空に広がり出した雲の間に、
覗いた青空のチャンス狙ってシャッターを押します。


        P1040213.jpg

開いた花びらは太陽の光集めて輝く白です。
巡る思い出と重ねて ” もう1枚 ”

DSC00053.jpg

中央の雌しべを囲む様にピンク色の雄しべ、
花びらは只々白いのです。

雨の終わる来週には ” 山里 ” でも咲き出すのでしょうが、
花粉がイッパイの時期と重なっては出かけられません。
残念ですが、今年のアノ花は見られない様です。


それでも、、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
遅れてでも出かけたいアノ山里です。

              DSC00048.jpg


ハイ、、
その時には晴れてくれると嬉しいのですが、

雨のち曇り

20度を超すポカポカ陽気かと思えば横殴りの雨!
過ぎれば冷たい風が吹く曇り空、
花粉だけが猛烈に頑張って降り注いでいる午前中です。

ガラス越しに眺める景色にも心は弾まないのです。


               DSC00026.jpg

                          「ソレはそれ、、それでも元気無くしてはイケナイ」と庭からの声です。

無数の蕾付けたユキヤナギ、
咲いた花もチラホラ見えています。

ハイ、、元気は ” 出す ” だけではなく、
 ” 持っている ” コトも大切なのでしょう。
見えないトコロでしっかりと、
誰に知られていなくても、
自分らしい元気を保つ事、


そういえば、夏の盛りには紫陽花の陰に隠されて姿も見えないラッパ水仙、
この時期だけ、
頭の上の広い空、
楽しんでいる様に、

DSC00028.jpg
(↑花びらの中央に突き出した ” ラッパ ” 、水仙はコノ部分が短いのだそうです↓)

              DSC00045.jpg


                
並んで咲き出していたのです。


先日の雨で潤った土から、
育つ元気吸収して、
ヨイショヨイショと蕾持ち上げている様です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨のち曇り、明日は雨、花粉は多めで困るのですが、
その内には、風が吹き飛ばして、
次には気持ちの良い ” 晴れの日 ” が来るのでしょう。


今日の不運にめげないで、
向こう側の楽しさ待つ事に致しましょう。

咲く花は

 午後に近付くにつれて、
薄く広がった雲の切れ間が広がります。

東から吹いていた風が南寄りに変わる頃です。
今なら花粉も飛んで来ないでしょう。
僅かな散歩のチャンスに出掛けてみました。

          DSC00034.jpg

ぼちぼち ” 緑葉 ” も萌え出した河津桜、
コッソリ出かけた公園の歩道です。

垣根を縫う様に続く道に ” 春告げる花 ” が並んでいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アレは、、ミツマタ、
サキクサ(先草)と呼ばれる花の仲間だそうです。

DSC00042.jpg


垣根の緑を背景にして、ワッと咲いています。

DSC00040 (1)

角を曲がれば強い香りです。

コチラもサキクサ、
沈丁花の香りです。

ニオイに惹かれて歩きます。

           DSC00039.jpg

息を潜めた冬を通り越して、
遠い春の足音に耳を澄ませていたのでしょう。


近付いた確かな気配に瞬きして見つめる春です。

-5kg +2kg ・・・


体重

数年前からの記録、
若い頃より少し縮んだ身長は変わらず、
逆流性食道炎の ” 不快 ” で衰えた食欲が原因の体重減でした。

発症して1年ほどで ” -5kg ” 
緩くなったジーンズにボタンの穴ずらしたベルトです。

酒量もグンと減らしてスッキリのウエストだったのです。
このままでは、、無くなっちゃう? かも知れないと ” 危機感 ! ” 
胸焼けの度合い見計らっての薄めたバーボン、
ソレもやっとのワンフィンガーです。

                DSC00006.jpg

100g増えて喜び、、200g減ってガッカリ!
今日は300gの増加!!
増減を繰り返すコノ2年でした。

それが、、、今年に入ってからは微量ながら続く増加傾向です。
今日はメデタク 合計2kg増! を達成したのです。
胸のムカツキも暫くは感じていません。

きっとコレは良い傾向なのでしょう。

              P1030654.jpg

時は今、
色も賑やかに春の足音の中です。
ああ、、元気だして、

今夜はグィッと?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イエイエ、、どうせ飲んだらあのムカツキ が戻るのでしょう。
今は 自粛! の時代です。
もう暫く、、もう暫くの ” 涙の我慢 ” で~す。
プロフィール

マーニ

Author:マーニ
真っ直ぐよりも回り道の方が楽しい事もあるのでしょう。
サラリ流れて、何処まで行きましょう。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR